www.king-oshima.net/

薬剤師にとって困る薬の在庫がないとき

薬剤師にとって困る薬の在庫がないとき

 薬剤師にとって困ってしまうのは、薬の在庫が切れているときではないでしょうか。
高収入薬剤師求人ランキングが知りたい

 

 先日、私が痔の薬である30日分で60個のプロクトセディル軟膏をもらうために薬局を訪れると、薬剤師がとても申し訳なさそうな顔で私の名前を呼び出しました。私が薬を受け取りに行くと、プロクトセディル軟膏60個をすぐに用意できず、とりあえず52個しか備えがないと薬剤師は言いました。
失敗しない復職薬剤師 転職サイト読む

 

 すぐに全部を使う薬ではないため、私は「それでも問題ない」と答えました。すると、その日の17時以降に再度訪れれば、足りない8個分のプロクトセディル軟膏を用意できると言いました。薬剤師としては、在庫がないときの対応とし、一刻も早くプロクトセディル軟膏が準備できるよう善処したのでしょう。そんな薬剤師の意向を理解した私は、それで良いと快諾しました。

 

 患者である私としても「薬の在庫がない」という事態に陥ったのは初めてですからちょっと驚きましたが、薬剤師がしっかりとフォローしてくれたので何も不満が残りませんでした。
厚待遇薬剤師求人ランキングを知りたい

ホーム RSS購読 サイトマップ